ファクタリングによる債務者側のメリット

ファクタリングは、債権者が有する売掛金を、債務者との契約のもとに債務者に代わってファクタリング業者が債権者に売掛金支払い期限以前に支払い、その後、支払期限までに業者が債務者から売掛金相当額の支払いを受けるという形態であり、債権者にとっては支払期限前に売掛金を現金化することができるというメリットがあるうえに、債務者にとってもメリットがあります。ファクタリングでは、殆どの場合で電子決済が行われるため、手形払いが廃止されるので、手形を発行して期日を管理しするといった事務作業がなくなりますし、印紙税や手形郵送料の負担もなくなります。一般的に、企業においては複数の企業との取引が行われているため、債務者側の企業においては、手形も一つではなくいくつもの手形を発行したり、その管理をすることにより、事務手続きに人手と時間が奪われます。また、それぞれに手形に対して印紙を購入して貼ったり、郵送したりすることでも、手間と費用が必要となります。

しかし、ファクタリングは手形発行をせずに、債務者との契約により売掛金相当の資金を業者から債権者に支払い、業者は債務者から支払いを受けるという取引になります。そのため、手形発行と管理、郵送などに関する手間と費用が抑えられるのです。従って、債務者側から見れば、従来の手形を用いた支払では、売掛金相当の金額を債権者に支払うとともに必要だった事務手続きに関する人件費や諸費用を押さえることができるというメリットがあるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です