ファクタリング会社での資金調達はフリーにもおすすめ

ファクタリングというと、ある程度のまとまった売掛債権があって、しかも法人でないと利用できないのではないかと考える人が多いかもしれません。しかしながら、ファクタリング会社によっては、個人事業主などフリーランスでも利用可能なところがあります。その背景には、ファクタリング会社自体の数が増えてきたということと、銀行系やノンバンク系だけでなくファクタリング専門業者も多くなっているといった流れがあります。それに加えて、雇用形態の多様化によってフリーの人が増えてきているといった事情もあるでしょう。

ファクタリングは所有する売掛金などの債権をファクタリング会社に売却し、手数料を引かれた金額を受け取りますが、融資やビジネスローンなどと比べて審査も厳しくなく、入金されるまでがスピーディーといった利点を持っています。そんな点から、個人事業主などで銀行融資が通らなかったときや、現金化を急いでいる際などにはおすすめの資金調達法だと言えるのです。では、個人事業主がファクタリングの審査をパスするにはどんな条件があるのでしょうか。それはまず、「まとまった債権」があることが前提となります。

とはいっても、個人事業主対象なら30万円位から利用可能な会社もありますので、探してみることをおすすめします。とくに独立系のファクタリング会社なら、対応に柔軟性があるため、いくつかの債権を合算して最低額に届けば利用可能としているところもあります。次に、「売掛債権先企業の信用度」が高いほど審査は通りやすいです。ファクタリング会社からすれば一番避けたいのが未回収リスクですから、売掛金が確実に回収できることを重視します。

したがって、ファクタリング利用時には、売掛債権が大企業や業績の良い会社のものがおすすめです。ファクタリング会社のおすすめのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です